大学生

大学生は学生団体に入るんじゃなくて、立ち上げた方が良い

投稿日:2018-04-28 更新日:

みなさんこんにちは。

名大生ブロガーのりだいです。

 

「なんのサークル・部活やってるの?」

 

これは、大学生が初対面の人同士ではなしのきっかけの

しょっちゅう使われる言葉です。

 

「大学からテニスをやっているよ~!」「え~俺も!」

「ダンスやってるぜ!」「かっこよすぎー!」

 

なんてかんじに。

 

でも僕は、

 

「なんのサークル・部活やってるの?」

 

この問いが、恐ろしくてしょうがありません。

 

なぜでしょうか。

 

 

僕が所属しているサークル・部活

 

どうも、僕は高2の夏から

 

帰宅部

 

を続けております。

 

帰宅部歴、3年(おそろしい…)です。

 

だから、いつも

 

「あっ、そうなんだ~(苦笑)」

 

って反応をされております。悲しい。

 

じゃあ、僕は普段なにをしているんでしょうか。

 

大学生活を楽しいモノにするには?

「大学がつまらない」ってのはすごく分かる。

本来は、学問を修めるために存在する教育機関なのだから

そら、楽しさを求めたらあるわけがない。当然だ。

 

でもじゃあ、考えてみたい。

 

「どうすれば大学が楽しくなるのか」

 

この問いを考えるために、いくつか仮説をたててみた。

 

楽しいと思える学びを創り上げる

大学で、しゃべり方の下手くそなおっさんから、一方的に話を聞くからつまらないんだ。

 

じゃあ、自分たちで主体的に学ぶ事ができれば楽しくなるはず。

 

そのためには、

 

自分たちで学びを生み出す必要がある。

 

 

真剣な話ができる仲間を見つける

「将来こういうことがしたい」

「今、こういう活動をしていて…」

 

こんな風に、誰かと真剣に語り合うこと。

僕は、その時間が楽しくて仕方がない。

 

では、

 

語り合える仲間を増やせばいいんじゃないか。

 

学内がつまらないなら、学外に飛び出せば良い

学内での閉じた空間、コミュニティにいるから

つまらなく感じてしまう。

 

じゃあ、大学という枠を飛び出して

もっと面白い人と関わることができる

 

そんな楽しい場所を、学外に探しに行こう

 

 

まなびとカレッジという団体を立ち上げる

 

・自分たちで楽しいと思える学びの場をつくる

・面白い人たちが集まる場をつくる

・学内、学外を問わないない繋がりや学び

 

この3つがあれば、僕は楽しく生きられる。

 

そう考えて立ち上げた団体が

 

まなびとカレッジ」という団体だ。

 

この団体は、

 

  1. 講師役の大学生が「授業をつくって、実際に授業をしてみる」
  2. 生徒役の大学生が、その授業に参加する
  3. その授業を大学生全員で「ふりかえる」
  4. 「なぜこうなったのか」「何が起きていたのか」を探求する

 

その場にる全員が、主体的に学ぶことができる

 

誰も、置いていかれることのない

 

平等な、学びの場だ。

 

こんな活動を、1ヶ月に1度のペースで

イベントという形で、一般の大学生と一緒に開催している。

 

「まなびとカレッジ」で僕が気づいたこと

こんなイベントに来る人なんて、みんな「意識高い系」だと思う。笑

 

でも、そこに集う人たちは、みんなバラバラな専門を持ってる。

まさに、多様性の極み

 

わざわざ学外のイベントに

足を運ぼうと思うなんて

 

そんなやつ、面白いに決まってる!笑

 

この「まなびとカレッジ」のイベント運営を通していつしか

 

「学ぶ」ということに「楽しさ」を見いだしていた。

 

 

最後に

自分で、「楽しい」を探してたどり着いた活動が

楽しくないわけがない。面白すぎる。

 

もちろんやらなくちゃいけない仕事もあるけど

全く、イヤだってマイナスな気持ちがない。

むしろ、楽しいと思ってどれだけでも仕事しちゃうくらい。笑

 

こういう風に、好きな事って

全く、苦痛じゃない。

 

自分の好きなことを、仕事にする時代。

その流れに、最高にマッチしているのではないでしょうか。

 

僕は、好きなことを仕事にして、生きていたい。

 

 

僕の大好きな運営メンバーたち。

 

 

このイベントは、月に1度行われてます。

高校生・大学生なら参加可能。

大人の方も、見学という形で参加してもらえます。

 

興味ある方は、ぜひ僕に連絡してください。

 

では。

 

 

 

 

 

 

 

 

-大学生

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大学生がイベントを主催!当日の準備や気を付けることを伝えます!

イベント当日気をつけたこと 【活発な場にする】 スライドでふざけ、参加者をいじり、場を温める。 【自分はあまり喋らない】 ゲストや参加者が喋れるようなコンテンツにする。 【ルールを決める】 「#○○ …

サークル・部活の「働き方改革」を提案します。

僕の大学の図書館には、すぐ隣にスタバがあります。 僕はそこで作業をしているのですが サークル・部活をやっている大学生たちが ゾロゾロと、朝早くから図書館に入って行くのを見かけます。   ちょ …

no image

『メモの魔力』の質問を使いながらビジョンを言語化する。

イントロダクション   1.なぜ自己分析をするのか、その目的は? 自己分析をすることで自分の信念・大切にしたいこと、ビジョンを明確化・言語化する。 それによってチームつみきで立ち上げる組織の …

名古屋スタートアップの若目田大貴さんによる講演がかっこよすぎて痺れた。

イベント参加しがちの陸大です!   今回は、大学の後輩である 村上嘉一くんに、イベントに招待されたので   そのイベントの概要と感想を書いていきます!   目次1 イベン …

【2記事目】100%を発揮できる場所を見つける。

イケハヤさん(@IHayato )にサッカーさせても普通だろうし 落合陽一さん(@ochyai )にカフェで働かせても活躍できないと思う。 【どこでも100点取れる人はいない】 から、大切なのは 【自 …

サイト作成者について

水元陸大(みずもとりだい)

名古屋大学 教育学部 3回生(休学中)

休学生活を通して学んだこと・訪れた場所・出会った人を
記録しています。

Twitter(@Ridai990215

連絡はこちらまで↓

mizumoritodai@gmail.com

Twitterアカウント